精神疾患の中でも患者数の多いうつ病について学ぼう

食事で予防

葉っぱ

毎年、精神疾患の患者は増加しています。中でもうつ病患者は特に増加しているのです。社会に出て働いている30代から50代の方が精神疾患を発症することが多いでしょう。これまでは元気に仕事をこなしていたと思っていた方が突然、精神疾患を発症してしまうことも珍しくないのです。自分では健康だと思っていた方でも、注意が必要になるでしょう。一般的にうつ病など精神疾患の治療は、投薬治療やカウンセリングを行ないます。ですが、最近では食事によって症状の回復をサポートできることが分かってきているのです。つまり、普段の食事を見直すことで、病気を予防することもできるようになります。また、精神疾患の患者の95パーセント程度が、食事に問題を抱えているのです。食事に問題を抱えていると、病気のリスクはどんどん高まっていきます。無理な食事制限ダイエットもよろしくありません。また、たんぱく質を摂取せずに、野菜を偏重した食事を取っている方もいるでしょう。この場合、脳に必要な栄養素を摂取できなくなることがあるのです。野菜をたくさん摂取するのはとても良いことでしょう。ですが、限度やバランスというものがあります。何事にもバランスが大切なのです。たんぱく質ばかりを摂取するのも良くありません。まずは、食事のバランスから整えるようにしましょう。食事によって、脳の神経伝達物質が不足しないように注意が必要となります。この神経伝達物質はセトロニンと呼ばれる物質です。セトロニンが不足してしまうと、脳の機能が低下してうつ病を発症させてしまいます。セトロニンを生成する上で重要な栄養素がたんぱく質や亜鉛、鉄分やビタミンB6です。これらの栄養素を食事に取り入れるようにしましょう。また、低血糖や鉄欠乏にビタミンB群欠乏とたんぱく質欠乏、亜鉛欠乏が起こらないようにします。そして、基本中の基本となるのが、1日の食事量です。毎日欠かさずに朝昼晩、3食の食事を取るようにしましょう。3食しっかりと食事を取るのはとても重要です。生活リズムの改善にもなるでしょう。また、栄養バランスには気を配ります。食事で摂取することが難しい栄養素は、サプリメントなどで補給しましょう。サプリメントの利用は、うつ病予防のために食事を見直し始めた方にも有効です。

Back to Top